2019年8月26日
  • おせっかいですが、何か?

出雲大社・神在祭で神々が縁結びの会議をしている場所はここ

こんにちは!

全国の八百万の神々が、御縁結びの会議(神議・かむはかり)のために、出雲大社へ集まる時期が今年もやってきます。(2018年神在祭の期間は11月18日(日)~11月24日(土)まで)

 

ちなみに、御縁結びの会議である神議とは全国から集まった八百万の神々が、『あー、うちの〇〇とおたくの〇〇と一緒にするのはどうやろー?』とか、『そちらの〇〇に仕事の話をつないでくれへん?』などと、人や人、人と物、仕事や土地など、この世のありとあらゆるものすべての、ご縁を結ぶことについて話し合う会議をしとるわけです。

 

で、この神議の期間中に出雲大社に行って神様にお願いしたのなら、良きご縁をいただけるのでは?という下心ありで出雲に行かれるそこのあなた!まずは、近くの氏神様や鎮守社を大切にしましょう(笑) これは近くのものから大切にするという、鉄則があるからです(笑)

 

この鉄則はまた後日に説明するとして、今回お伝えしたいのは、氏神様や鎮守社を大切にしたうえで、この神議期間中に出雲に出向いたならば、せっかくならこの神議が行われている場所へ行って参拝した方がいいんじゃね?って話。

 

その場所というのは出雲大社から西の方、稲佐の浜に向かって15〜20分くらい歩いた場所にある、『上宮(かみのみや)』という出雲大社の境外の摂社で会議をされています。神在祭期間中は参拝者の列ができていますので、時間に余裕をもって参拝された方がいいかと。

上宮(かみのみや)

 

ちなみにここでの会議終了後に、神々は出雲大社境内にある十九社へお戻りになり、神在祭期間中はそこに宿泊されていると言われていて、神在祭期間中は十九社の扉がオープンしています。なかには会議をさぼって日中もここにいる神様いるかもーって妄想も面白いけどね(笑)

 

そんなわけで、神在祭期間中に出雲大社に行かれる方は、この上宮にも参拝をおススメしています。

 

また、『大人の神縁旅』ではこの神在祭期間中、今年は11/23(土)~24(日)と出雲大社をはじめ、山陰地方の神社に参拝に行きますので、興味のある方はお問い合わせくださいませ。

 

ほじゃ、またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です